アナグマ駆除なら【アナグマ駆除navi】にお任せ下さい!

会社概要

アナグマ駆除でお困りの方は、アナグマ駆除naviにお任せください!0800-805-7757
ここが違う!アナグマ駆除naviが選ばれる4つの理由
アナグマ駆除でお困りの方は、アナグマ駆除naviにお任せください!0800-805-7757
アナグマ駆除naviお申込みから修理までの流れ
取引実績
アナグマ駆除でお困りの方は、アナグマ駆除naviにお任せください!0800-805-7757

お客様の声

2012年4月から6月までの期間にサービスをご利用頂いたお客様から、「お客様の声」をいただきました。ご利用後、「お客様の声」に応えて頂いた方には無条件で500円のQUOカードおつけしております。

大阪府50代男性 4/07 
家族で近所の土地を借りて家庭菜園をしているのですが、せっかく育った野菜をアナグマが根ごと引き抜いていってしまいます。 作物を含めて、しょうがや里芋などの根にくっついてくるミミズが目当てなようなのですが、畑中掘り返されてしまうのでアナグマを駆除しない限り今後も収穫できそうにありません。 駆除となるとちょっと大げさな気がしたので、柵で囲ったり、光で対策はしたのですが、解決には至らないのでやはりアナグマ駆除のプロの方にと思いこちらにアナグマ駆除をお願いしました。 きちんとアナグマ駆除できたようで、野菜を掘り返されることも、穴も見なくなり今後は家庭菜園で収穫できた野菜を楽しむことができそうです。
神奈川県50代女性 4/15
自宅の物置小屋にいつの間にかアナグマが住み着いてしまいました。 普段見ない小屋の裏側を見ると大きな穴があり、そこから入り込んでいたようです。 最初はアナグマ駆除は考えていなかったのですが、インターネットでアナグマの情報を見てみると、アナグマの仕業と見られる犬や猫、鳥などのペットが襲われる記事があって怖くなりました。 外見が可愛いので子供が餌付けしたり近づいてしまった時にアナグマが襲ってきたり、病気などの被害をうけないかも心配ですし、野生動物なのでダニやノミ、細菌など衛生上の問題が気になったのでアナグマを駆除してもらうことにしました。 小屋の中の糞尿の始末をする必要もなくなったので、アナグマ駆除を依頼してよかったです。
福岡県30代男性 5/11
毎年自宅の柿の実が生るのを楽しみにしているのですが、それを目当てにアナグマなどの野生動物がやってきます。 以前は柿目当てにアナグマなどの野生動物が来るのを楽しみにしていたのですが、餌付けをしていないつもりでいても結局は駆除の対象となる動物を呼び込んでしまっていることに悩みはじめていました。 先日庭で放し飼いで飼っているニワトリが襲われたのですが、状況から見るとどうやらアナグマの仕業のようで 近所の方の住宅の庭や畑が荒らされていたこともあり、被害が子供に及ぶ前にアナグマ駆除を依頼することにしました。 身近な動物であるアナグマ駆除を依頼するのは初めてでしたが、インターネットで見つけることができたので施工をお願いしました。
神奈川県60代男性 5/30
アナグマ駆除をお願いするまでの数年間、自宅の床下部分に住み着いたアナグマと同居していました。 アナグマから人間に近づいてくることはないので、特に害はないだろうと駆除せずに放置していたらいつの間にか子供を産んでいました。 一匹だけならまだしも二匹となると、床下にされるであろう糞尿も二倍になると今更気付き、狸ほどため糞は大規模ではないと言っても、 やはり床下に数年分の糞尿が溜まっているのは衛生上よくないのでアナグマ駆除を依頼しました。 調査のためにアナグマ駆除のプロさんに来てもらった時に、糞尿の他にもアナグマが穴を掘っていたりコンクリート部分が削られているという報告を受け驚きました。住居部分に深刻な影響が出る前に、アナグマ駆除をお願いしてよかったです。
東京都20代女性 6/25
数年前に裏山が住宅地ができるなどアナグマの生活環境が変わり、我が家の自宅床下にも入り組むようになってしまいました。 以前と比べて僅かとなった山道はアナグマがミミズを捕獲するために掘った小さな穴だらけで、木の根元の土はそぎ落とされ根がむき出しになった状態で雨が降ると木は不安定な状態で大変危険です。アナグマを駆除しないままでいたら木の傾きや伐採の必要にも迫られそうです。 人家に入り込むアナグマの数や農作物への被害が酷くなってきたことから、アナグマ駆除を依頼することにしました。 駆除範囲が広くなるのでまずは問合せ窓口で相談したところ、いろいろな提案をしてくれたりと丁寧な対応でアナグマ駆除の価格も納得できるものでしたのでお願いすることにしました。
アナグマ駆除でお困りの方は、アナグマ駆除naviにお任せください!0800-805-7757

よくあるご質問

アナグマはどんな動物ですか?

よくあるご質問
「アナ(穴)グマ」という名前にあるように、穴を掘って巣作りをする、タヌキによく似た動物です。 外見が似ているだけでなく、どちらも夜行性で、昆虫や木の実を食べることなど雑食性で体型もよく似ていることから、タヌキとアナグマの見分けはなかなか難しいものです。アナグマによる被害はタヌキの被害とよく似ており、特に農作物に関しては家庭菜園などの小規模の畑に被害が及ぶなど、タヌキとアナグマによるものが非常に多くなっています。アナグマによる被害の増加に伴い、アナグマ駆除のプロにご依頼される事をお勧めします。

アナグマを駆除しなかった場合はどうなりますか?

よくあるご質問
アナグマは雑食性ですが、好物はミミズと言われています。 畑や家庭菜園の野菜を根ごと引き抜いて根に付いてくるミミズを捕獲するので、収穫前に畑が荒らされる原因となっています。また巣を作る材料としても草を根から引き抜いて使用することから、ガーデニングにも影響を及ぼします。野生動物なのでダニやのみなどの害虫がおり、ため糞をすることから衛生環境悪化の原因ともなります。アナグマが住み着いてしまう前に、早めの駆除をお勧めします。

自分でできる対策はありますか?

よくあるご質問
アナグマの一般的な被害対策としては網や柵、音や光がでるもので威嚇することです。 せっかく網や柵で家庭菜園など畑を囲っても、アナグマの執着心というのはすごいもので網やネットを飛び越えたり穴を掘って侵入してきます。 確実な被害対策はやはりアナグマを駆除することです。アナグマを捕獲する場合は、事前に市役所を経由して県知事へ「有害鳥獣捕獲等依頼書」を提出する必要があります。個人で駆除するとなると、まず「有害鳥獣捕獲等依頼書」を提出し、捕獲器を購入して設置、捕獲という流れになりますが、捕獲できたけれどアナグマ以外の動物だったときは、駆除を行うためにまた新たに「有害鳥獣捕獲等依頼書」が必要となってしまい負担が大きくなります。アナグマ駆除のプロにお任せいただければ、ご依頼者のお手を煩わせることなく施工を行うことができますのでまずは無料相談にご連絡ください。

巣をつくりやすい場所はどこですか?

よくあるご質問
本来であれば、アナグマの生息域は里山であり深い穴を掘って巣としているのですが、現在の生活圏は人家にまで及んでいます。森林から近い人家や建物は隠れ家となる草木が生い茂っているため、森から移動してきてそのまま住みつくことが多いので特に注意が必要です。建物の場所としては床下や天井に住み着くケースが多くなっております。 また、山と勘違いしているのか、斜面のある堤防に巣穴を作ることもあり、堤防の機能弱体化まで被害が進んでいるので国交省による被害予想マップまで作成されたりと本格的に対策に動き出しています。堤防を崩壊させる原因を作るアナグマですが、森林近くにお住まいの方にとっては他人事ではありません。裏山に無数の穴を見つけたら、アナグマ駆除のプロにご相談ください。

自宅の床下や天井に住み着いた場合どんな被害がありますか?

よくあるご質問
自宅などの建造物内で巣を作った場合の被害としては、長く鋭い爪で床下を掘り返されたり、基礎やコンクリート部分に傷をつけること、一箇所に山のように糞をためる「ため糞」や、ダニ・ノミの大量発生する場合があることです。また、雑食性でミミズを一番好んでいたアナグマの食性に変化が起こっており、民家にあがりこみ食べ物を確保するものまで現れ始めました。アナグマは一度に5.6匹も子供を出産するので、自宅に巣を作られてしまうと、捕獲しては生まれるというイタチゴッコになりかねませんので、早急にアナグマ駆除をお勧めします。

よくあるご質問について

アナグマ駆除でお困りの方は、アナグマ駆除naviにお任せください!0800-805-7757

アナグマの危険性


アナグマ駆除には許可が必要です

野生鳥獣の駆除には、県知事へ「有害鳥獣捕獲等依頼書」を提出する必要があります。 許可なく捕獲や捕殺した場合は、最高で一年以下の懲役、又は100万円以下の罰金が科せられる場合もるため、 アナグマ駆除のプロに依頼する事をお勧めします。

アナグマと牛結核

畜産業界では知られている話ですが、牛結核の防疫対策のためにアナグマ駆除が行われています。 結核という伝染病は人にも牛にも結核があり、牛と人が互いに感染する可能性のある「人獣共通感染症」のため、 アナグマ駆除は牛結核を防止するためにも必要不可欠と言われております。

アナグマに遭遇した場合

アナグマの動きは遅いのですが、長く湾曲した長い爪を持っているため、引っかかれると化膿することがあります。 驚いたり外敵に襲われそうになったら、じっとして死んだフリ(タヌキ寝入りと同じ行動)をとり、隙をついて攻撃してくるので特に小さなお子様は近づけないようする必要があります。また犬を飼っている方は、犬がアナグマの巣を発見して巣穴に鼻先を突っ込んだときに鋭い爪で引っかかれるので、近づかせないようにしてください。 アナグマを見つけたら早めにアナグマ駆除を行いましょう。

アナグマを寄せ付けないための環境作り

アナグマ駆除の前に、アナグマを寄せ付けないための環境作りも大切です。 裏山や森林が続く草や藪のお手入れを定期的に行うことで、隠れ家となるような場所を無くし、里山から人家へとアナグマを引き寄せないようしましょう。 餌となりえるゴミは、ゴミ箱をフタ付きにしたり、夜間に出さないなど餌付けとなってしまわないようにすることが必要です。 それでもアナグマが出没する場合は、駆除前に県などに届け出が必要なため、自分で駆除しようとせず、アナグマ駆除のプロに依頼する事をお勧めします。

アナグマ駆除でお困りの方は、アナグマ駆除naviにお任せください!0800-805-7757